スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンプカー盗む パキスタン人社長

ダンプカー盗む パキスタン人社長、容疑で逮捕 /福岡
2009年11月27日 18:20 毎日新聞

 山口県警長府署は26日、建設会社からダンプカーを盗んだとして、パキスタン国籍で宗像市徳重の中古車解体業「スワビ・インターナショナル」社長、カン・グラム・アフマド容疑者(37)=宮若市山口=を窃盗容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は今年6月30日~7月2日、山口県下関市内にある建設会社資材置き場から、駐車中の小型ダンプカー(2トン)2台=計75万円相当=を盗んだとしている。容疑を否認しているという。

 山口、兵庫両県警によると、外国人らによる自動車盗が西日本を中心に多発し、両県警など7府県警が26日、兵庫、福岡両県内の「ヤード」と呼ばれる自動車解体作業場11カ所の捜索に着手。スワビ・インターナショナルが所有する宗像市のヤードからは乗用車1台を押収したという。

 7府県警は昨年8月以降、約500台の被害を確認、今月25日までに計43人を逮捕している。

〔筑豊版〕
スポンサーサイト

「ヤード」一斉摘発 盗品輸出拠点か

「ヤード」一斉摘発 盗品輸出拠点か

http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/kanagawa/091218/kng0912181413000-n1.htm
産経新聞 
2009.12.18

神奈川県警国際捜査課と相模原署、東京入国管理局横浜支局は17日、自動車解体場などとして使われ、不法滞在外国人らが作業する相模原市内の「ヤード」と呼ばれる地帯6カ所を入管難民法違反容疑で一斉捜索、同法違反(不法残留)の現行犯で、パキスタン国籍の解体作業員、モハマド・イリアス容疑者(44)=相模原市=を逮捕し、ナイジェリア国籍の男を東京入管管理局に引き渡した。

 県警では、ヤードは盗んだ自動車を改造・解体し保管するなど、海外に輸出するための拠点として使われているとみており、相模原市や厚木市などで80カ所以上を確認している。県警はヤードが外国人犯罪の温床になっている可能性が高いとみて、来年のアジア太平洋経済協力会議(APEC)を前に、摘発に力を入れる。

 県警の調べによると、モハマド容疑者は平成13年3月に短期滞在で入国した後、8年6カ月にわたり、不法滞在していた。この日捜索した6カ所では、7カ国19人の外国人が作業をしており、摘発した2人以外は正規の滞在だった。県警は今後、ヤードの詳しい実態を調べる。

ヤードはトタンなどの高い塀で囲まれ、中で何をしているか分からないようになっている。解体業者などが、広くて人目に付きにくい郊外の農地を借りて使用している場合が多いという。ヤードには盗んだ自動車などが持ち込まれて、盗品と分からないように輸出するため、改造や部品に解体する作業場所などになっているとみられる。また、自動車解体などが行われると油などが漏れ、周りの田畑にも影響が出るという。

 ヤードは兵庫などでも外国人車両窃盗団の大規模アジトとして使われていたとして、摘発されるなど全国的に問題になっている。

盗難トラック不正輸出

2009年10月6日14時0分配信 毎日新聞
盗難トラック不正輸出:起訴内容を否認 ロシア人被告側、無罪主張--初公判/新潟

 盗難トラックを不正に輸出したとして関税法違反の罪に問われたロシア国籍の新発田市上館、中古車買い付け業、ブルラーカ・ビークトル被告(54)の初公判が5日、新潟地裁(谷田好史裁判官)であった。ブルラーカ被告は「港までトラックを運んだのは事実だが、税関から(輸出)許可をもらっていないとは知らなかった」として起訴内容を否認した。

 検察側の冒頭陳述によると、ブルラーカ被告は今年2月に入国。新発田市上館の中古車整備工場に間借りして仕事をしていた。既に帰国したロシア人から頼まれて3月、輸出許可車両とすり替えた盗難トラック2台を違法と知りながら新潟西港の保税蔵置場まで運搬したとしている。

 弁護側は「取り調べの時から盗難トラックとは知らなかったと供述しており、そのつもりで調書に署名なつ印したが、知っていたという趣旨の調書になっていた」などと通訳が不正確だったと指摘。「依頼されただけで故意ではない」と無罪を主張した。
【黒田阿紗子】



2010年3月3日 新潟日報
法廷通訳正確でない/パキスタン国籍男の裁判

新潟地裁で3日開かれたパキスタン国籍の男が窃盗などの罪に問われた裁判で、証人として出廷した自称パキスタン人の男性が法廷通訳の訳が「正確でない」と抗議、審議途中で閉廷する事態となった。ロシア国籍の船員が被告となる16日からの本県初の裁判員裁判を前に、通訳を介した外国人裁判の難しさが浮き彫りとなった。

 法廷通訳と証人の意思疎通が問題となり閉廷するのは異例。この日、検察側証人として出廷した男性はパキスタンで使われる言語のの一つ、パンジャブ語で証言した。

 検察側は男性に、事件後の被告との会話内容について質問。男性は日本語をある程度理解できると主張した上で、「きちんと訳されていない。通訳を代えてほしい」と日本語混じりで抗議し、通訳と言い合いになる場面も見られた。

 森善史裁判官は「証人と通訳のコミュニケーションがうまくとれていない」と閉廷を命じた。

 被告弁護人によると、裁判官、弁護側、検察側の三者で協議した結果「通訳の資質に問題はない」として、次回も同一の法廷通訳で証人尋問を再開することになったという。

盗難車不正輸出 『ドバイの社長』

被害数十億円にも 盗難車不正輸出 『ドバイの社長』行方追う(東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20090211/CK2009021102000058.html
2009年2月11日

海外で人気があるトヨタ車を盗み、横浜港などから不正輸出を繰り返していた窃盗グループの全容が県警の捜査で明らかになりつつある。

被害総額数十億円規模とみられる巨額不正輸出事件で県警は、グループ内で「ドバイの社長」と呼ばれ、犯行全体を指示していたというパキスタン人の逮捕状を取り、行方を追っている。 (岸本拓也)県警が四日、盗品等有償譲り受け容疑で逮捕状を取ったのは、同国籍のフセイン・イドリス容疑者(41)。

県警によると、フセイン容疑者は一九九七年に初来日。東京都内で貿易会社を経営していたが、二〇〇六年ごろから、盗難車の不正輸出を始めたとみられている。
これまでに解明された事件の構図では、「紙屋」と呼ばれ、輸出証明書を偽造していた小田原市の代行請負業小野一浩(41)と、兵庫県尼崎市の仲買業仲本哲也(44)の二被告=公判中=にフセイン容疑者が「トヨタ車を○月×日までに□台頼む」と注文。
小野被告は関東、仲本被告は関西を拠点に「箱屋」と呼ばれる窃盗の実行犯グループに指示、車を盗ませた。
これに偽造した輸出証明書を付け、神戸や横浜の港からドバイやロシアに輸出。車は現地のブローカーを通じて売却されていた。
県警の調べに、小野、仲本両被告は「千台以上、不正な輸出手続きをした」と供述。現地で盗難車は一台百七十万-二百五十万円で取引されていたといい、被害規模は数十億円とみられている。

狙われたのは、トヨタ社製のスポーツタイプ多目的車「ハリアー」や、RV「ランドクルーザー」など人気車ばかり。壊れにくく、車体の部品に互換性があることから海外で人気という。
トヨタ車が狙われる理由は、盗みの手口にもある。
県警がこれまでに逮捕した箱屋が、トヨタ車の合鍵データの入った特殊なパソコンソフトを所持していたことが判明。このソフトを使い、車体に記されたある番号を入力すると、適合する鍵の形状データが表示。
合鍵を作り、車体を傷つけることなく、車を盗み出したという。
箱屋は調べに、ソフトの入手先について供述を拒んでいるが、県警はフセイン容疑者が、紙屋の小野被告らに詳細な手引を渡していたことから、このソフトも一緒に準備したとみている。
フセイン容疑者の行方は〇七年十二月、フィリピンのマニラで姿を確認されて以降は不明で、ドバイかフィリピンに潜伏しているとみられる。

無料レンタルサーバー

【千葉】ハローワークで求人募集をみて

【千葉】ハローワークで求人募集をみて採用面接に来た女性にわいせつな行為、中古車販売会社経営のパキスタン人逮捕
朝日新聞 2009年10月15日
http://mytown.asahi.com/chiba/news.php?k_id=12000000910150002

ハローワーク(公共職業安定所)で求人募集をみて採用面接に来た女性にわいせつな行為をしたとして、千葉市稲毛区長沼町、パキスタン国籍の中古車販売会社経営の男(42)が千葉北署に逮捕されていたことが、捜査関係者への取材で分かった。被害者はほかにも数人いるとみられる。

男は、強制わいせつ罪で起訴されたサイヤッド・モックタール・フセイン被告
千葉地裁(角谷比呂美裁判官)で14日、初公判が開かれ、フセイン被告は起訴事実を認めた。
検察側の被告人質問や捜査関係者によると、フセイン被告は別の女性に対する強姦事件でも取り調べを受けていたが、示談が成立しており起訴されなかったという。

起訴状によると、フセイン被告は2月14日午後6時ごろ、自らが経営する同市稲毛区内の「フセイントレーディング」で、事務職の採用面接に訪れた女性(41)を抱きしめ、キスを迫るなどのわいせつな行為をしたとされる。
検察側は「就職面接で来た女性の弱みにつけこんだ、極めて悪質で卑劣な犯行」と指摘。
懲役2年6カ月を求刑し、この日で結審した。判決は11月6日。

捜査関係者によると、フセイン被告は県内各地のハローワークで事務職の募集をしていた。
被害に遭ったのは、これを見て応募してきた女性だった。ハローワークちばによると、同社の面接を受けた女性から「セクハラを受けた」などと苦情が数件寄せられていたという。

無料レンタルサーバー

【栃木】女性をひき逃げ、派遣社員のパキスタン人逮捕・・・真岡

下野新聞 (10月16日 18:36)

真岡署は16日、自動車運転過失傷害とひき逃げの疑いで、
真岡市東郷、パキスタン国籍の派遣社員シェーフ・アブドロ・ローフ容疑者(24)を逮捕した。

逮捕容疑は、同日午前10時50分ごろ、真岡市八木岡のコンビニエンスストア駐車場
からバックで出る際に、後方の安全確認を怠り、後ろを走っていた無職女性(55)の
自転車に衝突、転倒させた上、そのまま逃走
した疑い。女性は軽傷を負った。

真岡署によると、同容疑者は容疑を認めている。

無料レンタルサーバー

麻薬原料の密輸容疑で手配のパキスタン人逮捕 愛知県警

2009/05/13
IZA
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/253241/

名古屋港で2月、アフガニスタン向け貨物の中から麻薬原料となる無水酢酸約1トンが見つかった事件で、愛知県警外事課は13日、関税法違反の疑いで指名手配していたパキスタン国籍の自動車輸出業者ハズラット・ラフマン容疑者(47)を逮捕した。
逮捕容疑は2月、輸出時に国への届け出が必要となる無水酢酸を貨物に隠し、名古屋港からアフガニスタンに無許可で輸出しようとした疑い。
 外事課によると、同容疑者は密輸未遂の発覚後、出国していたが、クアラルンプール発のマレーシア航空機で入国しようとしたことが分かり、13日、関西空港に到着したところで身柄を確保した。



<ヘロイン>原料密輸未遂 容疑のパキスタン人逮捕

毎日新聞 2009年11月06日

 今年2月、横浜港に停泊中の外国船からヘロインの精製過程で必要な無水酢酸約3.6トンが見つかった事件で、神奈川県警が10月下旬にパキスタン人の30代の男を関税法違反(無許可輸出未遂)容疑で逮捕していたことが、捜査関係者への取材で分かった。ヘロイン約2.4トンを精製できる量で、県警はタリバンなどテロ組織の資金源になる恐れがあったとみて追及している。この事件での逮捕者は初めて。

 捜査関係者によると、男は許可を得ずに、無水酢酸計3.6トンが入ったドラム缶を「中古家電製品」名目でコンテナ奥に隠し、2月下旬にアラブ首長国連邦行きの船舶で輸出を図った疑いで逮捕された。横浜税関が同27日に見つけ、未遂に終わった。男は「別の男に頼まれただけで無水酢酸とは知らなかった」と否認しているという。

 県警は無水酢酸の流通経路を千葉県市川市の40代の男が介在した「千葉ルート」とみている。神奈川、愛知両県警は名古屋港で2月にアフガニスタン向け貨物から見つかった無水酢酸の調達に関与した疑いで、この男の自宅を3月に家宅捜索した。

 横浜港では2月25日にも税関が無水酢酸2.5トンを発見。神奈川県警は関税法違反容疑で、栃木県のアフガニスタン人の男(31)を逮捕(処分保留で釈放)したが、3.6トンの事件の男との関係は薄いとみている。

 捜査幹部によると、無水酢酸3.6トンを同量の塩酸モルヒネと掛け合わせて精製すると、約2.4トンのヘロインができる。ヘロインの末端価格は1グラム約6万円という。【池田知広】



友人への駐車違反取締に激怒 監視員の胸ぐらつかんだ容疑で逮捕

2009.6.23
産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/saitama/090623/stm0906231531012-n1.htm
 埼玉県警所沢署は23日、公務執行妨害の疑いで、所沢市弥生町の会社役員、菅羽実努(かん・はみつど)容疑者(49)を逮捕した。

 同署の調べでは、菅容疑者は2月13日午後4時45分ごろ、所沢市緑町の西武新宿線新所沢駅のロータリーで、パキスタン国籍の友人男性の乗用車が駐車違反の取り締まりを受けたことに腹を立て、駐車監視員(65)の胸ぐらをつかむなどした疑いが持たれている。

 同署によると、菅容疑者は「少しの時間だけだったのに取り締まられて腹が立った」などと供述しているという。菅容疑者は駐車違反のステッカーを投げ捨て友人と車でその場から立ち去っていた。



拳銃所持容疑でパキスタン人逮捕 容疑を否認

2009.10.15
http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/saitama/091015/stm0910151756020-n1.htm
産経ニュース

 埼玉県警国際捜査課や久喜署などの合同捜査班は15日、銃刀法違反の疑いで、パキスタン国籍で茨城県坂東市の建物解体業、ジャン・モハマド・ハン被告(49)=覚せい剤取締法違反(使用)などの罪で起訴=を再逮捕した。

 合同捜査班の調べでは、ジャン容疑者は8月18日ごろ、経営する会社兼自宅で、自動式拳銃1丁を持っていた疑いが持たれている。

 合同捜査班によると、窃盗容疑で家宅捜索した際、拳銃を見つけた。ジャン容疑者は「知らない」と否認しているという。



麻薬原料密輸容疑で指名手配 パキスタン人、既に帰国か

09/02/20 | 共同通信配信NEWS |

 名古屋港で今月、アフガニスタン向け貨物の中から麻薬原料となる無水酢酸約1トンが見つかった事件で、愛知県内で中古車輸出会社を経営するパキスタン国籍の男(46)が密輸を図った疑いが強まり、愛知県警は20日までに、関税法違反(無許可輸出)の疑いで男を指名手配した。

 調べでは、男は既にパキスタンに帰国したとみられ、県警と税関は無水酢酸の入手ルートなど詳しい背後関係を捜査している。

 無水酢酸は今月12日、名古屋港で輸出用コンテナの中にポリタンク約50個に分けて隠されているのを税関職員が発見。県警などの調べで、パキスタン人の男がパキスタン経由でアフガニスタンに輸出しようとした疑いが強まり、県警と税関が13日、関税法違反容疑で、男が経営する愛知県武豊町の中古車輸出会社を家宅捜索した。

 登記簿によると、中古車輸出会社は2006年設立。近くで働く男性は「会社には日本人男性や複数の外国人が出入りしたり、働いたりしていた。最近は門が閉まったままで、人の姿を見かけなくなった」と話した。



【ロシア人女性殺害】知人のパキスタン人の男逮捕

2009年02月09日
産経ニュース

 埼玉県草加市で6日、ロシア国籍のコルパチョーワ・アナスタシーア・ヴィータリャヴィナさん(23)=同市八幡町=が殺害された事件で、草加署捜査本部は9日、殺人の疑いで、アナスタシーアさんの知人で、パキスタン国籍の同県越谷市南町、工員、モハマド・アラム容疑者(38)を逮捕した。

 調べでは、アラム容疑者は6日正午ごろ、草加市中根の遊歩道で、口論になったアナスタシーアさんの首を刃物で2回刺して殺害した疑い。

 調べに対し、アラム容疑者は「私がやりました」と容疑を認め、アナスタシーアさんについて、「付き合っている女性だ」などと供述しているという。捜査本部は動機を追及する。

 アラム容疑者は自転車で逃走するところを目撃され、捜査本部は逮捕状を取って行方を追っていた。

 アラム容疑者は9日未明、群馬県館林市内のコンビニエンスストアの駐車場で、知人男性と車の中にいるところを発見された。

 アナスタシーアさんは6日午前11時ごろ、「顔見知りのモハマド容疑者に待ち伏せされる」と、草加署の交番に相談。アラム容疑者に「結婚してくれ。付き合ってくれ」と言われたことや、6日午前10時ごろ散歩に出た際に、アラム容疑者にバッグを盗まれたことを訴えたという。

 アナスタシーアさんは午後1時に草加署に行くことを約束し帰宅したが、午前11時50分ごろ1人で外出したという。

 また、現場から約20メートル下流の川の中で包丁が見つかり、捜査本部は凶器に使われたか鑑定を進める。


車のトランクに41歳パキスタン人の遺体 体に殴られた跡

車のトランクに41歳パキスタン人の遺体 体に殴られた跡
産経ニュース
2009.1.27 03:51
 26日午後8時10分ごろ、新潟市北区島見町の緑地公園駐車場で、「社長がいなくなった。社長が乗っていた車が公園に止まっている」と、近くの中古車販売会社の女性社員から110番通報があった。県警新潟北署員が乗用車を調べたところ、乗用車のトランクの中で、同市東区中山、中古車販売会社「センチュリー東京コーポレーション」(本社・埼玉県)の現地責任者、カリム・タリクさん(41)が死亡しているのが見つかった。
 新潟県警捜査1課と新潟北署は27日未明、死体遺棄事件として、捜査本部を設置した。
 調べでは、車には鍵がかかっていた。タリクさんはあおむけの状態でトランクの中に入れられており、体には殴られたような跡があり、鼻や口の周りには血液が付着していた。
 車の発見現場は、タリクさんの会社から数百メートルしか離れておらず、タリクさんは26日昼すぎに会社の車を運転して出かけたが、夕方ごろからタリクさんの携帯電話が通じなくなったため、社員らが付近を捜していた。



偽装結婚:偽装婚姻届提出容疑で4人逮捕 /新潟

ソース:毎日新聞 2009年7月9日 地方版
http://mainichi.jp/area/niigata/news/20090709ddlk15040087000c.html

県警捜査3課と新発田署などの合同捜査班は7日、新発田市上館、中古車販売業、
ロシア国籍のキム・スタニスラフ被告(30)=窃盗罪で起訴済み=ら4人を
電磁的公正証書原本不実記録・同供用の疑いで逮捕した。

他に逮捕されたのは、
東京都目黒区中目黒、同区非常勤職員、須永智子(46)
▽江戸川区清新町、無職、ロシア国籍のゴルブニチナヤ・アンナ(28)
▽千葉県市川市田尻、中古車販売業、パキスタン国籍のアマド・パーシャ(39)の3容疑者。


逮捕容疑は、4人は共謀し、偽装結婚と知りながら、
08年6月、キム、須永両容疑者の婚姻届を目黒区役所に提出したとしている。

同署によると、08年3月に短期ビザで入国したキム容疑者が滞在期間を伸ばそうと、
ゴルブニチナヤ容疑者に偽装結婚を依頼。アマド容疑者を介して須永容疑者を
紹介されたとみられる。アマド容疑者は「偽装結婚とは知らなかった」
と供述し容疑を否認。他の3人は認めているという。


捜査班は5月、山形県の運送会社から大型トラックなどを盗んだとして、
キム容疑者を逮捕した。【黒田阿紗子】



 | HOME | 

Calendar

03 « 2017/04 » 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

Period

Author:Period

FC2ブログへようこそ!



最新記事

ブログ翻訳

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ
未分類 (2)
2012年アーカイブ (6)
2011年アーカイブ (14)
2010年アーカイブ (14)
2009年アーカイブ (14)
2008年アーカイブ (2)
2007年アーカイブ (5)
2006年アーカイブ (5)
2005年アーカイブ (2)
2004年アーカイブ (1)
2003年アーカイブ (1)
2002年アーカイブ (2)
2001年アーカイブ (2)
アンケート (2)
キーワード (4)
2013年アーカイブ (2)

プロフィール

Period

Author:Period
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。