スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「臓器提供すれば金」窃盗パキスタン人

「臓器提供すれば金」 窃盗のパキスタン人が供述
(共同通信) - 6月26日13時16分更新

 手術費用を盗んだとして、京都府警川端署に窃盗の疑いで逮捕されたパキスタン人の男が「臓器提供者になれば、金がもらえることになっていた」との供述をしていることが26日、分かった。
 臓器移植法が禁止する臓器売買の疑いもあるが、実際に臓器は提供されていないことから同署は立件を見送る方針。
 調べでは、男は2004年11月、京大病院で手術を受けるパキスタン人男性の臓器提供者として来日。直後に男性から手術費約3万ドル(約330万円)を持ち逃げしたとして、今年5月に逮捕された。
 男は調べに「私は男性の会社の従業員」とした上で臓器を提供すれば金を受け取る予定だったことをほのめかしたという。



手術費窃盗容疑のパキスタン人釈放 京都地検、被害者協力得られず
(京都新聞) - 6月22日12時9分更新

 生体肝移植手術を受けるためパキスタンから来日した男性の手術費を持ち逃げしたとして川端署に窃盗容疑で逮捕されたパキスタン人の男(31)について、京都地検は21日、処分保留で釈放するとともに、不法滞在したとして身柄を大阪入国管理局に引き渡した。
 地検は「パキスタンにいる被害者の男性や家族が多忙で来日できず、捜査協力が得られなかった」としている。男は不起訴処分になる見通し。
 男は5月下旬、群馬県で不法滞在していたとして同県警に身柄を確保された。その後、川端署が生体肝移植手術を受けるため来日した男性(54)の滞在先のアパートで2004年に手術費など約3万ドル(約330万円)を盗んだ疑いで逮捕していた。



「四親等」で不承認 京大、倫理方針を明確化 パキスタン人生体肝移植
(京都新聞) - 6月26日15時29分更新

 京都大医学研究科の倫理委員会は26日、2004年11月にパキスタンから来日、京大医学部付属病院で生体肝移植を受けた男性患者(54)の手術経緯について公表した。当初ドナー(臓器提供者)予定だった男性(31)は「四親等(いとこ)と証明するには書類が不確かなど問題が多い」として不承認とし、今後のトラブルを避けるため倫理方針も明確化したという。

 患者をめぐっては、ドナーの予定で共に来日した男性が、患者の滞在先で手術費など約3万ドル(約330万円)を盗んだとして、川端署に逮捕されたが処分保留で釈放された。患者は同署に対し「いとこ」と説明したが、男性は調べの中で「いとこではなく、患者の会社の従業員。ドナーになれば金をもらう予定だった」と供述。同署は男性と患者の関係について「裏付けが取れない」としている。

 京都大では、生体肝移植はドナーが患者の三親等内であることが原則。四親等のドナーも倫理委の承認があれば例外的に手術を認め、海外からの渡航者2人で実施している。
 今回は来日前に書類を提出せず、いとこと証明する書類がないなど問題が多かったため、倫理委は04年12月に手術を不承認とした。患者は三重大での移植を希望し、同大学で審査中に男性が所在不明になった。患者は息子をドナーとして京大病院での手術をあらためて希望、倫理委が再審査して実施を認め、同月手術が行われた。
 倫理委は、例外的に認めてきた四親等の実施について、「四親等で手術を受けられるという誤ったメッセージが国外に広がる」(倫理委員長の小杉眞司教授)とし、申請自体を受け付けないことにした。04年12月に方針を確認、入国前の書類の提出やドナーの意思確認などを明文化した。
 小杉委員長は「親族関係が遠くなるほどドナーの自立性が疑われトラブルの可能性が大きくなるので、京大では三親等内と明文化した。倫理委が当初、承認しなかったことは結果的に正しかった」と話した。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shikizu.blog54.fc2.com/tb.php/34-2c9ff66e

 | HOME | 

Calendar

06 « 2017/07 » 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

Period

Author:Period

FC2ブログへようこそ!



最新記事

ブログ翻訳

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ
未分類 (2)
2012年アーカイブ (6)
2011年アーカイブ (14)
2010年アーカイブ (14)
2009年アーカイブ (14)
2008年アーカイブ (2)
2007年アーカイブ (5)
2006年アーカイブ (5)
2005年アーカイブ (2)
2004年アーカイブ (1)
2003年アーカイブ (1)
2002年アーカイブ (2)
2001年アーカイブ (2)
アンケート (2)
キーワード (4)
2013年アーカイブ (2)

プロフィール

Period

Author:Period
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。