スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盗難トラック不正輸出

2009年10月6日14時0分配信 毎日新聞
盗難トラック不正輸出:起訴内容を否認 ロシア人被告側、無罪主張--初公判/新潟

 盗難トラックを不正に輸出したとして関税法違反の罪に問われたロシア国籍の新発田市上館、中古車買い付け業、ブルラーカ・ビークトル被告(54)の初公判が5日、新潟地裁(谷田好史裁判官)であった。ブルラーカ被告は「港までトラックを運んだのは事実だが、税関から(輸出)許可をもらっていないとは知らなかった」として起訴内容を否認した。

 検察側の冒頭陳述によると、ブルラーカ被告は今年2月に入国。新発田市上館の中古車整備工場に間借りして仕事をしていた。既に帰国したロシア人から頼まれて3月、輸出許可車両とすり替えた盗難トラック2台を違法と知りながら新潟西港の保税蔵置場まで運搬したとしている。

 弁護側は「取り調べの時から盗難トラックとは知らなかったと供述しており、そのつもりで調書に署名なつ印したが、知っていたという趣旨の調書になっていた」などと通訳が不正確だったと指摘。「依頼されただけで故意ではない」と無罪を主張した。
【黒田阿紗子】



2010年3月3日 新潟日報
法廷通訳正確でない/パキスタン国籍男の裁判

新潟地裁で3日開かれたパキスタン国籍の男が窃盗などの罪に問われた裁判で、証人として出廷した自称パキスタン人の男性が法廷通訳の訳が「正確でない」と抗議、審議途中で閉廷する事態となった。ロシア国籍の船員が被告となる16日からの本県初の裁判員裁判を前に、通訳を介した外国人裁判の難しさが浮き彫りとなった。

 法廷通訳と証人の意思疎通が問題となり閉廷するのは異例。この日、検察側証人として出廷した男性はパキスタンで使われる言語のの一つ、パンジャブ語で証言した。

 検察側は男性に、事件後の被告との会話内容について質問。男性は日本語をある程度理解できると主張した上で、「きちんと訳されていない。通訳を代えてほしい」と日本語混じりで抗議し、通訳と言い合いになる場面も見られた。

 森善史裁判官は「証人と通訳のコミュニケーションがうまくとれていない」と閉廷を命じた。

 被告弁護人によると、裁判官、弁護側、検察側の三者で協議した結果「通訳の資質に問題はない」として、次回も同一の法廷通訳で証人尋問を再開することになったという。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shikizu.blog54.fc2.com/tb.php/42-78e95747

 | HOME | 

Calendar

05 « 2017/06 » 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

Period

Author:Period

FC2ブログへようこそ!



最新記事

ブログ翻訳

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ
未分類 (2)
2012年アーカイブ (6)
2011年アーカイブ (14)
2010年アーカイブ (14)
2009年アーカイブ (14)
2008年アーカイブ (2)
2007年アーカイブ (5)
2006年アーカイブ (5)
2005年アーカイブ (2)
2004年アーカイブ (1)
2003年アーカイブ (1)
2002年アーカイブ (2)
2001年アーカイブ (2)
アンケート (2)
キーワード (4)
2013年アーカイブ (2)

プロフィール

Period

Author:Period
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。